« しあわせの種 Ⅵ | トップページ | しあわせの種 Ⅷ »

2007年4月27日 (金)

しあわせの種 Ⅶ

6つ目の種 それは 差し上げる。

私が他の人に何かを差し上げると 「もったいない。」 と言うあなたに 与えることの大切さを伝えました。

「せっかく 買ったのにどうしてあげてしまうの?」 「一生懸命つくりあげたのにあげたらもったいない。」 と口癖のように言うのですね。

「私が使ったものを貰って頂けるだけ有難いのよ。」 「一生懸命つくったからそれを使って貰えたら嬉しいのよ。」 と話すと 「どうして?」 と何度も聞きましたね。

見返りを期待しないで与えることは とても大切な事です。 素敵なことです。

最初は見返りを期待しても良いから 何か与えること 差し上げることをしてみませんか?

そして少しずつ 見返りを期待せずに 惜しみなく 他の方が必要としているものを捧げてみて下さい。

それは 美しい言葉でも充分ですから。 ほら あなたの周りの方はあなたにいつも与えてくれているではありませんか。

|

« しあわせの種 Ⅵ | トップページ | しあわせの種 Ⅷ »

しあわせへのステップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119694/14867929

この記事へのトラックバック一覧です: しあわせの種 Ⅶ:

« しあわせの種 Ⅵ | トップページ | しあわせの種 Ⅷ »